ドラマ

桜の塔|全話ネタバレと感想!最終回は警視総監になる?視聴率や評価も!

2021年4月スタート新ドラマ『桜の塔』テレビ朝日

玉木宏さんが主演の警視庁内の権力争いに焦点を当てたドラマです。

キャストも脚本家も素晴らしく、間違いなく面白くなるドラマ『桜の塔』

ここでは、初回1話から最終話10話までの、

  • 全話ネタバレと感想
  • 最終回の結末予想
  • 視聴率や視聴者の評価

をご紹介していきます。

これさえ見れば、1話見逃してしまったあなたも、ドラマを見る時間がないあなたも大丈夫♪

それでは早速ネタバレをご紹介していきましょう。

桜の塔|全話ネタバレと感想

ここでは1話〜最終回までの「ネタバレと感想」をご紹介していきます。

桜の塔・全話ネタバレと感想
  1. 第1話・ネタバレと感想
  2. 第2話・ネタバレと感想
  3. 第3話・ネタバレと感想
  4. 第4話・ネタバレと感想
  5. 第5話・ネタバレと感想
  6. 第6話・ネタバレと感想
  7. 第7話・ネタバレと感想
  8. 第8話・ネタバレと感想
  9. 第9話・ネタバレと感想
  10. 第10話【最終回】ネタバレと感想

放送後に更新します。

桜の塔|最終回結末予想

ドラマ『桜の塔』は警視庁内部の権力構想をドロドロに描き、騙し合いや、妬み、嘘などがひしめき合うドラマです。

主人公の、上條漣(かみじょう・れん)は幼い頃の出来事が原因で、権力欲が強く、必ず自分が警視総監になると、どんな汚れ仕事も躊躇なく遂行していきます。

最終話までの過程で、いろんなライバルと権力争いを繰り広げ、蹴落としていくでしょう。(キャスト豪華です)

漣の気持ちはどんどん荒んでいき、やがて疲れ切ってしまうと思います。

そんな漣を見て、色々心配し、癒しとなっていくのが幼馴染の水樹爽(みずき・さわ)で、2人はこれまで以上に深い関係性を作っていくことになるでしょう。

水樹爽(みずき・さわ)が上條漣(かみじょう・れん)の癒しとなります。

また、恋のライバルでもあり、出世のためのキーマンになる千堂優愛(せんどう・ゆあ)の存在も重要となってきます。

漣を手にできない腹いせに、色々と悪巧みを働きそうです。

そして、権力欲を抱く原因となった過去のトラウマについて、最終回までに明らかになるでしょう。その原因がおそらく警視庁の警視総監に関係しています。

現・警視総監が絡んでいたり、その権力で大切な誰かを亡くしてしまったのかもしれません。

そのトラウマを最終回までに解消し、実際なりたかった自分は警視総監の自分ではなく、もっと自由で、優しく、普通の自分だったと気がつくかもしれません。

やっと最終回で解放された上條漣(かみじょう・れん)は、警視庁をやめ、一から人生をやり直していく可能性があります。

幼馴染の水樹爽(みずき・さわ)と共に。

これまでドロドロの騙し合いが繰り広げられてきた『桜の塔』ですが、最終回予想は清々しい、心あったまるようなドラマ展開を予想します。




視聴率と評価

玉木宏さんのドラマはコミカルからシリアスまで幅が広いですね。そして視聴者層も広く、誰もが見入ってしまう俳優さんです。

ここでは第1話〜最終回までの視聴率をまとめていきます。

桜の塔|全話視聴率
  1. 第1話・視聴率・・・☆%
  2. 第2話・視聴率・・・☆%
  3. 第3話・視聴率・・・☆%
  4. 第4話・視聴率・・・☆%
  5. 第5話・視聴率・・・☆%
  6. 第6話・視聴率・・・☆%
  7. 第7話・視聴率・・・☆%
  8. 第8話・視聴率・・・☆%
  9. 第9話・視聴率・・・☆%
  10. 第10話【最終回】視聴率・・・☆%

情報が分かり次第更新します

視聴者の評価

ドラマ放送と一緒に、視聴者は放送を見てどのように感じたのかを更新していきます。

桜の塔|放送日・時間・あらすじ・原作・キャスト・主題歌

放送日・時間

2021年4月スタート新ドラマ・木曜・21時

あらすじ(ネタバレ)

玉木宏が演じるのは、幼い頃の出来事が理由で、権力を手に入れたいと考えるようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(かみじょう・れん)

ゆくゆくは、自分が警視総監になる!とどんな汚い仕事も躊躇わず遂行する野心家。

野心をいただきながらも、それを周りには悟られないように、冷静を装う。

主人公の幼馴染・正義感に燃える警視庁捜査一課の水樹爽(広末涼子)は、漣と対立しながらも、実は密かに彼を思っていて、“漣の野心に火を点けた過去”を唯一知る人物。

また恋のライバルとして現れる警視庁警部長を父にもつ、欲しいものは何でも手に入れたい千堂優愛(仲里依紗)が、この2人の関係性と出世レースを掻き乱していく。

原作

原作はありません。テレビ朝日完全オリジナル作品です。

また脚本を担当するのは、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』でネット社会の闇に警鐘を鳴らし、数々の賞を総なめにした今最も旬な脚本家・武藤将吾さんです。

キャスト

  • 上條 漣(かみじょう・れん)・・・玉木宏
  • 水樹 爽(みずき・さわ)・・・広末涼子
  • 蒲生 兼人(がもう・かねと)・・・森崎ウィン
  • 千堂 優愛(せんどう・ゆあ)・・・仲里依紗
  • 刈谷 銀次郎(かりや・ぎんじろう)・・・橋本じゅん
  • 小宮 志歩(こみや・しほ)・・・高岡早紀
  • 吉永 晴樹(よしなが・はるき)・・・光石研
  • 権藤 秀夫(ごんどう・ひでお)・・・吉田鋼太郎
  • 千堂 大善(せんどう・たいぜん)・・・椎名桔平

主題歌

主題歌は現在調査中です。分かり次第更新します。

まとめ

それでは今回は、テレビ朝日ドラマ『桜の塔』

  • 全話ネタバレと感想
  • 最終回の結末予想
  • 視聴率や視聴者の評価

をご紹介してきました。

”ドラマを見逃してしまった・ドラマを見る時間がなかった”というあなたに、丁寧に分かりやすく、そして迅速にドラマのネタバレを提供していきたいと思います!

『桜の塔』以外の今季ドラマもネタバレをご紹介していますので、もしよければトップページからドラマを検索してみてください♪

桜の塔|ロケ地(撮影場所)

ABOUT ME
ちは
趣味は旅行・海外ドラマ鑑賞・読書・手帳をかくこと⭐️2児育児中のママです⭐️興味あることどんどん記事書いていきます!最後まで読んでいただけたら嬉しいです!