イベント

【2021】河口湖冬花火の混雑状況!穴場スポットで絶景鑑賞しよう!

こんにちは、ちはです。

2020年も年末近くになってきました。

すっかり寒くなり、そろそろ雪も降りそうですね!

寒くなってくる冬になると気になるのが、冬季イベントの開催状況です。

クリスマスイベントやイルミネーションイベントなど、冬はキラキラしたイベントが盛り沢山です。

今年は新型コロナの影響で、各地のイベントが延期または中止になっているところも多く、毎年楽しみにしている季節イベントがなくなりとても残念な年でした。

そんな中で、開催される予定のイベントでオススメの『山梨・河口湖の冬花火2021』についてご紹介していきます。

『山梨・河口湖の冬花火2021』

  • 混雑状況
  • 混雑回避方法
  • 穴場スポット
  • 開催情報

についてご紹介していきます。

今回ご紹介する上で、ネット上では「2021年の河口湖冬花火」の開催有無を確認することができませんでした。

その為直接、河口湖環境課に問い合わせて開催有無を確認しております。

2021年の旅行計画にお役立て頂ければ嬉しいです。

2021・河口湖冬花火・混雑状況

花火といえば混雑!は必ずすると言っても過言ではありませんよね。

これから河口湖の冬花火を見に行こうとお考えであれば混雑は覚悟の上だと思いますが、実はそれほど激混み!という訳ではありません。

なぜなら、合計13回も開催しているから!

人が分散して、それほど大きな混雑にはなりません。

また、打ち上げ場所が3箇所あるので、河口湖周辺ならどの場所でも、1箇所の花火は見ることができます。

しかし!

2021年でいえば、バレンタインデーなど人気のイベント日が重なった場合はその日だけ激混みということはあり得ます。

また、混雑しないと言っても、

  • 花火が終了した直後の道路は渋滞する
  • メイン会場(大池公園駐車場)とその周辺は混雑する
  • 3カ所同時に見れる人気スポットは混雑する

ということはありますので、

1カ所の花火でなく、3カ所全部の花火が見たい!という場合と、できるだけメイン会場で見たい!という場合は、

メイン会場と3箇所同時で見れる船津浜駐車場・小曲展望広場付近で見たい場合は午前中の内に駐車してしまいましょう!

早めに到着しても、近くに観光施設も多くありますし、散策できるスポットも多いので有意義な時間が過ごせるはずです♪

2021・河口湖冬花火・混雑回避方法

日にちが分散されることや、3カ所で花火があげられる事もあり、あまり混雑の心配はないと言っても、メイン近くや人気スポットは混み合います。

その為、もし混雑が嫌な場合はメインエリアから少し離れた場所での鑑賞をおすすめいたします。

河口湖周辺であれば、基本的にはどの場所でも花火は見ることができます。

少し離れて、大迫力とはいかなくても、富士山や河口湖大橋のライトスポットなど、違う魅力ある場所もたくさんあるので、

3カ所見れる人気スポットなどに拘らない方は、人と違った場所を選ぶと混雑せずに済むと思いますよ。

おすすめポイントを以下でご紹介していきますので、その中にもそんな混雑回避できるスポットもご紹介していきますね。

2021・河口湖冬花火・穴場スポット

①ローソン河口湖畔店

ローソンの目の前の道路の反対側がメイン会場です。目の前で大きな花火を見ることができます。

トイレや飲食の心配をしなくてもいいのは安心ですね。

②産屋々崎トンネル付近

この辺りは富士山と花火のコラボ写真を撮るのにおすすめ絶景ポイントです。遮るものがない為、ほぼ正面から河口湖冬花火を鑑賞できます。

ただ、ここが絶景ポイントと知る撮影メインの方々が集まるスポットでもあるので、日没前から場所取りが始まる人気スポットです!

ただ花火を見るだけじゃなくて、富士山と花火を写真に収めたい方は場所取りが必要になると思います。

ちなみに、この場所では大池公園と畳岩の2カ所の花火を同時に鑑賞できます。

③大石公園

大石公園は初夏の時期だと、ラベンダーと河口湖と富士山のコラボ写真が撮れる有名スポットです。

河口湖冬花火の際は、交通規制の対象ではないので渋滞しません。

しかし、メイン会場からは遠いので、大迫力の花火は見れませんのでそこは注意です。

混まずに花火を見たい方や、花火も見たいけど、富士山もバッチリ見たい方には良きスポットです。

④河口湖円形ホール付近

会場から少し離れてしまいますが、この場所からも大池公園湖岸と畳岩の花火&富士山のコラボ写真を綺麗に撮れます。

また、ライトアップした河口湖大橋も見れて、花火以外の美しい夜景を楽しむ事もできる、ロマンチックスポットです。

あまり人混みにはいきたくない、2人だけのロマンチックな夜を過ごしたいカップルにはおすすめな場所だと思います。

2/14はバレンタインデーですしね♪

⑤富士山パノラマロープウェイ山頂展望台

富士山パノラマロープウェイ山頂展望台からは、3つの会場全ての花火が一望できます。湖面に映る逆さ花火も見ることができる、まさに絶好ポイントです♪

冬花火開催中のみ夜間延長営業が行われている(はず)なので、ご確認の上、人と違った場所で花火を見たい方はおすすめ致します。

⑥冬花火鑑賞クルーズ

普段は河口湖の遊覧船ですが、冬花火の期間中は鑑賞クルーズとして運航されています。

3会場からの花火を近い距離でゆっくり鑑賞できますよ。船上花火という良い思い出にもなりますね。

鑑賞クルーズは、河口湖温泉旅館共同組合に加盟している旅館・ホテルに宿泊されると無料で利用できます。

それ以外の場合は当日券を購入する必要があり、先着20名/日、なので、お早めに購入をおすすめします。

以上⑥つがおすすめ鑑賞ポイント&撮影ポイントでした♪

スポンサーリンク

2021・河口湖冬花火・開催情報

河口湖冬花火画像はイメージです

それでは、『山梨の河口湖冬花火』基本情報をご紹介していきます。

河口湖の冬花火の基本情報

期間

1月中旬〜2月中旬の土日(計12回上がる予定)

もし今年もこの期間に変更がなければ、日程はこの様になります。

  • 1/16(土)・1/17(日)
  • 1/23(土)・1/24(日)
  • 1/30(土)・1/31(日)
  • 2/6(土)・2/7(日)
  • 2/13(土)・2/14(日)
  • 2/20(土)・2/21(日)の計12回。
  • 2/23(火)(富士山の日&天皇誕生日)

※天候によって中止の場合あり

12回の土日花火と2/23の富士山の日に合わせて花火が上がります。天皇誕生日で祝日ですね。

また、今年は2/14が日曜日で花火の日です。バレンタインに合わせて花火デートというのもロマンチックで良いですね♪

天候により中止の可能性もありますので、心配な場合は19時半頃の事前花火でご確認してくださいね。

時間

20:00〜20:20までの20分間

19時30分頃に開催を知らせる合図花火が上がります。天候の影響で開催が心配な場合は、その花火でご確認ください。

 

メイン会場

ポプラ並木画像はイメージです

河口湖畔大池公園

河口湖大橋の東側に広がるポプラ並木が美しい公園です。

公園近くには、「北原ミュージアム」河口湖ハーブ館」「香水の舎」「石ころ館」などがあり、河口湖観光の拠点です。

もし、河口湖冬花火を見にいくついでに、周辺の観光をする場合は、早めに公園の駐車場に車を止めてポプラ並木を歩いて観光するといいですね!

ここで河口湖・冬花火鑑賞のポイント!

河口湖冬花火は3箇所で打ち上げられます!メイン会場大池公園畳岩八木崎公園です。

その為河口湖畔のほとんどの場所で見ることができます。3箇所同時に打ち上がる事もあるので、もし3箇所全てを見れるポイントで鑑賞する場合は、お見逃しなく!

ちなみに、メイン会場となる大池公園は冬花火鑑賞スポットとして、人気が高いので天候が良い日は駐車場も早めに埋まってしまいます。

しかし、八木崎公園の花火は大池公園からは見えません。3箇所同時の花火を見たい場合は違う場所で鑑賞しましょう。

船津浜駐車場小曲展望広場付近は駐車場も広く、3箇所全ても打ち上げを見る事もできます!

※人気があるので、駐車場に行く場合は早めに駐車しましょう。

道路のコンディションについての注意事項

車でお越しの際は凍結の心配がありますので、必ずスタットレスタイヤまたはチェーンの準備をしていきましょう。

まとめ

それでは、今回は山梨県の「河口湖・冬花火2021」についてご紹介してきました。

  • 混雑状況
  • 混雑回避方法
  • 穴場スポット
  • 開催情報

コロナの影響で様々なイベントが中止になり残念な年ですが、冬の夜空を彩る花火を見て少しでも希望を見出したいですね!

デートやファミリーでぜひ見に行ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
ちは
趣味は旅行・海外ドラマ鑑賞・読書・手帳をかくこと⭐️2児育児中のママです⭐️興味あることどんどん記事書いていきます!最後まで読んでいただけたら嬉しいです!