au働き方編

携帯ショップ店員になりたい!auに向いている人、向いていない人は?

こんにちは。

au接客コンテストで県代表経験を持つ元auショップ店員のchihaです。

この記事にたどり着いたということは、

auスタッフ
auスタッフ
  • 自分がauショップ店員に向いているか知りたい。
  • どんな人が向いているか気になる。 

と思い、この記事にたどり着いたのではないでしょうか?

携帯ショップの仕事は大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。しかしその感じ方は人によって大きく違います!

実際体験してみた時に、この仕事が自分に向いている!と感じる人もいれば、絶対向いていない!と強く感じる人も少なくないのがこの携帯販売の特徴かもしれません。

この記事には、私が実際に働いていた時に、携帯ショップ店員に向いていた人、向いていなかった人の特徴を書いていきます!

最後までお読みいただければ、ご自身と重ね合わせ、携帯ショップの仕事を行うか検討するお役に立つと思いますよ!

auショップの大まかな仕事内容と必要な人材

仕事の内容と、その仕事をする時にどんな人材が必要かを紹介していきます。

携帯・その他の販売

携帯販売はショップのメインです。

携帯が欲しい方の接客をしていきます。自分から機種を決めてきてくれるお客様もいらっしゃいますが、機種を決めずにスタッフに相談して決めるか、もしくはスタッフからの提案で携帯をご購入するお客様も多くいます。

その為、スタッフ自らが機種を提案する積極性や自信を持って提案する事が必要になります。

  • お客様のご希望を丁寧に聞く事ができる人。
  • 自分のお勧め機種を自信を持って提案できる人。

契約内容の変更・携帯料金の見直し

これもまた多い業務です。

お客様から契約内容を変更したいとご来店する場合もありますし、使用状況をみて、スタッフから変更をご提案する場合もあります。

プラン変更への積極的な提案と、お客様の目線でいくらでもお得に携帯が使用できるように親身になる事が必要です。

  • プラン変更への積極的な提案ができる人。
  • お客様目線で、よりお得に使用できるよう親身になれる人。

料金収納

最近は口座引き落としやクレジットカード払いが多いと思いますが、振込用紙での支払いもまだまだあります。簡単な作業ですが、定期的にお客様が来店してくれるチャンスですのでプラス一声の提案をする事が大切です!

もし料金が高いようなら料金の見直しを提案したり、おすすめサービスや商品をご提案するチャンスにしていきます!

  • 短い時間で自分を売り込む事ができる人。
  • 勢いよくプラス一声の提案ができる人。

使い方説明

お子様からご年配の方まで、幅広い方へ携帯の使い方を説明していきます。言葉使いや分かりやすい説明の仕方を工夫して親身になって対応する大切な業務です。

忙しい時などはつい雑になってしまったり、思っている事が表情に出てしまったりと、案外丁寧にする事が難しい業務でもあります。

どんな状況でも目の前のお客様に合わせた言葉遣いや表現、丁寧な対応が必要です!

  • お客様に合わせた言葉使いや説明ができる人。
  • 忙しい時や理解が難しいお客様に対しても丁寧な対応ができる人

店舗の装飾、イベントの実施

接客の他にも店内のレイアウトやPOP作成、イベントの提案、実施も行います。レイアウトの仕方を工夫したり、イベントの内容や景品のアイディアを考えたりします!

レイアウトもイベントも店内スタッフが一丸となって協力する事が大切です。携帯ショップの仕事は個人プレーでは出来ない事も多いので、仲間と協力しあう関係を築く事がスムーズな仕事に繋がります。

  • お客様が分かりやすい装飾やPOP作成ができる人。
  • 店内スタッフと協力する関係が築ける人。

向く人・向かない人

それでは上記の実際の業務を踏まえた上で、向く人向かない人を挙げていきます。

auスタッフ
auスタッフ
auスタッフに向く人・向かない人はこんな人とです!

向く人

  1. 相手の話を聞き、共感する事ができる。
  2. 機種やプランを覚えるのが苦ではない。
  3. さりげない気遣いができる。
  4. 相手の表情を見て気持ちを察する事ができる。
  5. 自然な笑顔ができる。
  6. 素直に学び、向上心がある。
  7. 協調性がある。

こんな方であればauショップ店員に向いています!上記は能力やスキルの問題ではなく、その方の本来の性格などによるところが大きい事柄です。

しかし、現時点では接客が苦手な方でも実際仕事をして学んでいくと、意外に自分に合っていたと発見する場合があります!

自己成長を望む方であれば、上記に当てはまらなくても是非働いていただきたいです!

向かない人

  1. 人の話を聞くのが好きじゃない。
  2. 自分中心で物事を考える。
  3. 自分の意見を押し付ける。
  4. 思っている事が、表情や態度に出てしまう。
  5. 自然な笑顔ができない。
  6. 素直じゃない。
  7. 協調性がない。

この様な方だと、始めはauショップの仕事が苦痛で苦痛で仕方がないでしょう。試用期間のうちに辞めてしまうかも知れません。

しかし、初めは苦手だったとしても、本人に変わる気があれば慣れてくる事はできます!上記は能力やスキルの問題ではなく、本人の意思によるところが大きい事柄です。

本人がやる気になるかならないかが重要です!

もし、そこまで自分が我慢して働きたくないと言う方であれば、携帯販売の仕事には縁がなかったと言う事で、違う仕事をお勧めします。

向かないと思う人でも案外向いている事もある

Chiha
Chiha
私が一緒に働いていた方のお話です

とても接客が得意には見えない方がいました。

声も小さく、存在感があまりなく、目を合わせる事もしない方で、本来なら接客に向いていないんじゃない?と誰もが思う方だったのですが、その方のとても良いところが接客にとても役立ちました。

それは、突き詰めてマニアックなまでに携帯の事を覚える事でした。

雰囲気がおっとりしたゆるキャラの様だったので、他の店員が提案すると疑ってしまいそうが事も、その方が提案すると、

お客様
お客様
君なら絶対ウソつかなそうだよね〜

と安心され、申込されていかれるのです!携帯の事も誰よりも詳しく知っていたので、お客様からとても信頼されておりました!

この様に、一見向いていなそうでも、実はやってみると案外向いていた!と言う事もあります。自分の良い点を伸ばし、良くない点があれば少しずつ直していけば良いのです。

最も重要なことは、お客様の為になることを考えて行動していくことです!初めは理解できなくても、働いているうちに、お客様の為に自分の行動を変えていければ、それがauショップ店員に向いていると言うことだと思います!




まとめ

それではこれまでをまとめていきます。

仕事別必要な人材
  1. 携帯・その他の販売・・・お客様のご希望を丁寧に聞く事ができる人。自分のお勧め機種を自信を持って提案できる人。
  2. 契約内容の変更・携帯料金の見直し・・・プラン変更への積極的な提案ができる人。お客様目線で、よりお得に使用できるよう親身になれる人。
  3. 料金収納・・・短い時間で自分を売り込む事ができる人。勢いよくプラス一声の提案ができる人。
  4. 使い方説明・・・お客様に合わせた言葉使いや説明ができる人。忙しい時や理解が難しいお客様に対しても丁寧な対応ができる人 。
  5. 店舗の装飾・イベントの実施・・・お客様が分かりやすい装飾やPOP作成ができる人。店内スタッフと協力する関係が築ける人。

この様になる事ができれば、業務がやりやすいです。

向いている人・向いていない人
  • 向いている人・・・お客様の為に、自分の良い点は伸ばし、接客に向かない点は変えていける人。
  • 向いていない人・・・自分を変えれない人。

その方の性格もありますが、この仕事をやると決めた時に、自分を変えて成長できるかが、向き不向き以上に需要です。

やってみた先に自分でも知らなかった新しい自分自身に出会えるかも知れません!

私自身、auショップで働き始めた時、人生で一番注意され続けた日々でした!毎日気をつけようと思い仕事をしても、全く社会人としての常識がなかったので、やっている事ほとんど注意されていました。

Chiha
Chiha
そりゃ〜毎日落ち込む日々でした。

こんなにも自分が非常識だったのかと思い知らされましたが、そのおかけで、少しは社会人としての常識が身についたと思っております。

始めた時は覚えることや直すべき事が多くて辛い時もありますが、もし本当に携帯ショップ店員にご興味があるのであれば、是非!少しの期間頑張っていただきたいと思います。必ず自己成長に繋がるはずです!

Chiha
Chiha
こんな私ですら乗り越えられたんですもん!

今の自分の向き不向きに負けず!興味があればトライしてみてください。

それではこの記事が少しでもお役に立てたのなら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ちは
趣味は旅行・海外ドラマ鑑賞・読書・手帳をかくこと⭐️2児育児中のママです⭐️興味あることどんどん記事書いていきます!最後まで読んでいただけたら嬉しいです!