ドラマ

イチケイのカラス(1話)ネタバレと感想!つまらない?面白い?口コミと反応!

2021年4月5日(月)新ドラマ『イチケイのカラス』第1話

竹野内豊さんが月9に帰ってくる!そして刑事裁判官を題材にした珍しいドラマということで、楽しみにしていた方も多いと思います。

今後がとても楽しみになるくらい、出だしから引き込まれました!

そこで今回は、見逃してみまった方や、ドラマを見る時間がない方の為に、

  • あらすじ・ネタバレ・感想
  • 口コミや反応

をご紹介していきます。

イチケイのカラス|第1話・ネタバレと感想

第1話放送(2021.4.5)ネタバレ

入間みちお(竹野内豊)は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官をしている。

元弁護士という異色の経歴を持つみちおは、髭をはやし、服装はカジュアルで、とぼけたはつべんもしばしばする。

お堅いイメージとはほどお遠い、ゆるい空気の男だが、先入観には一切囚われない、自由が観察眼と徹底的に調べ上げる探究心を持ち、 弁護師団や検察官たちから恐れられている曲者裁判官だ。

そんなみちおのイチケイの仲間は、

イチケイの部長で、有罪率99.9%と言われる日本の刑事裁判において30年件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官・駒沢義雄(小日向文世)と、元傍聴マニアで、みちおのファンを公言している裁判所書記官の石倉文太(新田真剣佑)。

またお人好しの主任書記官・川添博司(中村梅雀)、3つ子の母でもある姉御肌の裁判書記官・浜谷澪(桜井ユキ)、物おじしない新人の裁判所書記官・一ノ瀬糸子(水谷果穂)がイチケイの仲間達でみちおに振り回られながらも、イチケイを支えるメンバーだ。

そんなイチケイに、若くて特例判事補になったエリート・板間千鶴(黒木華)が赴任することになるが、千鶴は冗談が全く通じない堅物タイプで、裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されていると強い信念を持ってイチケイに入ってくる。

しかし、板間がイチケイに移動してきた目的は、事件の処理件数がものすごく少なく、会社なら倒産レベルの赤字状態のイチケイを立て直す為で、これまでのイチケイのやり方を変えようとする。

駒沢は早速、板間とみちおを組ませる。

みちおが裁判長・板間と駒沢の3人で審議する合議制で取り組むことになった基礎案件は、

大学生の長岡誠が代議士の江波和義に全治1ヶ月の怪我を負わせた傷害事件だった。

実は誠は、江波の秘書だった洋一郎の息子。

洋一郎は、2ヶ月前、不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた矢先に電車に飛び込んで自らの命を絶っていた。

検察側からみちおの見張り役として、東京地検第3支部に移動してきた井出伊織(山崎郁三郎)と、上司の主任検事・城島怜治(升毅)が出廷した第1回公判。

誠は江波の方から先に殴ってきたと証言し、父は自殺でないと主張した。

するとみちおは、傷害事件の元になった洋一郎の事件の真相を確かめる必要があるとして、捜査権を発動し現場検証を行うと言い出す。

感想

(詳しい感想は放送後に更新します)

みちおを支える魅力的なイチケイメンバーに注目だ。皆個性豊かで、みちおの癖の強さを知りながら支えてくれている。

刑事事件を迅速に行うことも必要だが、何よりも真実がなんなのか。本当の被害者は誰なのかについて深掘りして調べるイチケイのやりかたが、ドラマの魅力でもあると感じる。

イチケイを立て直すためにやってきた、板間千鶴は最初、みちおのやり方やイチケイの仲間たちに戸惑うかもしれないが、どのように今後変化していくか楽しみだ。




つまらない?面白い?視聴者の口コミと評価

ドラマを見た視聴者の口コミと評価はドラマ放送後に更新します。

以下はドラマの原作本の口コミと評価です。

淡々としているのに、味があって考えさせられる。すごく面白い(と4巻まで読み終わって思う)。 裁判官とかAIに取って代わられる仕事なんじゃないかと思ったこともあったけど、やっぱり人間の仕事なのかもしれないとな思ってしまった。
来年フジ月9竹野豊さん黒木華さん共演実写ドラマ化決定原作漫画。一巻無料読み。裁判官の仕事と人間ドラマを描いたマンガやっぱり実写とは別モノですが職業漫画としては良い作品だと思います。
面白いとは思うが、基本的に画面の構成が簡素で食い足りなく感じてしまう。
1~4巻まで読了。あまり見ない裁判官のお仕事マンガ。興味深く読みました。打ち切りだったのか、唐突に終わった感がちょっと残念。しっかり取材してらした作品みたいで、リアルで面白かったです。
Kindle無料版にて。弁護士ではなく裁判官が主人公の、ありそうでなかったタイプ。プライドの高い主人公と、一癖二癖ある同僚と上司。弁護士ドラマでは融通が利かなくて偉そうに描かれがちな裁判官だが、当たり前だけどそんな人だけではないはずで。今後の主人公の変化が気になる。みちおの涙と「カラスになれ」の意味も。ドラマ化切望。

以上がイチケイのカラスの原作本を読んだ読者の評価です。

やはりリーガルものは惹かれる読者が多いようです。ドラマ化を待っていた方も多いので、ドラマ化は楽しみですね。

本が作り上げてきた世界観と今回のドラマの世界観がどのようにマッチしていくのか見どころです。




キャスト

  • 入間みちお・・・竹野内豊
  • 坂間千鶴・・・黒木華
  • 石倉文太・・・新田真剣佑
  • 井出伊織・・・山崎育三郎
  • 浜谷澪・・・桜井ユキ
  • 一ノ瀬糸子・・・水谷果穂
  • 川添博司・・・中村梅雀
  • 城島怜治・・・升毅(ますたけし)
  • 日高亜紀・・・草刈民代
  • 駒沢義男・・・小日向文世

まとめ

それでは今回はドラマ『イチケイのカラス』第1話

  • ネタバレと感想
  • つまらない?面白い?口コミと評価

をご紹介してきました。

さらに詳しいネタバレと感想、口コミ、評価についてはドラマ放送後に迅速丁寧に更新していきます。

ドラマ『イチケイのカラス』全話ネタバレと感想、視聴率、評価こちらです。

イチケイのカラス|ロケ地(撮影場所)は?裁判所やカフェや野球場はココ!

是非ブックマークしてお楽しみください♪
ABOUT ME
ちは
趣味は旅行・海外ドラマ鑑賞・読書・手帳をかくこと⭐️2児育児中のママです⭐️興味あることどんどん記事書いていきます!最後まで読んでいただけたら嬉しいです!