ドラマ

ノースライト|ドラマと原作の違いは?小説とドラマどっちが面白い!?

岸辺露伴は動かない高橋一生撮影場所

こんにちは、ちはです。

警察小説で有名な横山秀夫さん6年越しの最新作!

『ノースライト』

2020年12月12日(土)・19(土)〈全2回〉

総合/BS4Kよる9時〜10時13分で放送します。

横山秀夫さんといえば、『クライマーズ・ハイ』『64』などな有名で、警察小説を代表する作家さんです。

『64』から6年間、妥協することなく何度も訂正を繰り返したのが今回の『ノースライト』だそうで、

横山さん渾身の作品が、今回は何と西島秀俊さん主演でドラマ化することになりました。

ミステリー好き&ニッシーファンには見逃せないドラマです♡

今回はノースライトの、

  1. ドラマと原作の違いは?
  2. 小説とドラマどっちが面白い?

と言うことを調査していこうと思います。では早速ご紹介していきましょう。

ノースライト|ドラマと原作の違い

原作の内容(ネタバレあり)

青瀬稔(西島秀俊)は、建築デザイナーの仕事をしています。クライアントに依頼されて、家や建物をデザインする仕事です。

バブルの頃は派手に仕事をし、六本木のマンションや高級外車を買うほどでしたが、バブル崩壊後は仕事が激減しました。その為、妻とも衝突することが多くなり、インテリアデザイナーの妻ゆかり(宮沢りえ)とは離婚してしまいます。

離婚後は、適当に仕事をこなすだけでしたが、同級生の岡嶋昭彦(北村一輝)に誘われ、彼の建築設計事務所で働き始めます。

ある日「本当にあなたが立てたい家を建ててください」と吉野陶太(伊藤淳史)から依頼され、予算を現金で3千万提示されます。

願ってもいない依頼に、青瀬は全力で力を注ぎ、ノースライト(北からの光)を取り入れた斬新なデザインで建築雑誌にも掲載され、一躍、青瀬の名は建築史に名が残るこことなります。

そんな素晴らしい家に、吉野夫婦も大喜びです。

しかし、そんな喜んでいた吉野夫婦が自慢の家「Y邸」に住まずに姿を消します。

青瀬がY邸に訪れると、全く入居の気配はなく、家には何者かが侵入した靴跡や鍵を乱暴に開けた形跡があり、また不思議なことに、留守番電話と一脚の椅子だけが置かれていました。

青瀬は不審を抱き、残された一脚の椅子を手がかりに一家の行方を追い始めます。

吉野夫婦を追う中で、青瀬は建築家、ブルーノ・タウトにも興味を持ちはじめます。タウトゆかりの地を訪ね歩き、その作品や精神に触れていきます。

そんな中、大家さんから夫婦は離婚して妻は子供と出ていき、夫もしばらくして引っ越して行ったこと、手に包帯をした謎の男が夫婦を探していたとこを聞きます。

近隣の店からは、夫は背の高い女性といたことを聞き出します。

話は変わり、建築事務所の所長である岡嶋昭彦が、藤宮春子の記念ミュージアム建設コンペに参加する権利を獲得してきます。弱小事務所が大きく前進するチャンスを得て、事務所メンバーは喜びます。

岡嶋は、Y邸建設で名を残した青瀬に「自分も建築業界に名を残したい。協力してくれ」と頼みます。

青瀬は岡嶋の思いを汲み取り、協力することにします。




一方、吉野夫婦の行方を探す中で、新居に残された一脚の椅子はブルーノ・タウトの作品であることが分かります。

タウトは、世界的な建築家で、日本の伝統工芸に感銘を受け、多くの家具や建築物を残した歴史に名を刻む建築家です。

タウトが仙台にいた頃に、椅子の設計図を吉野イサクに渡していたことが分かり、吉野イサクの墓を訪れ、吉野夫婦に手紙を残します。

同じ頃、新聞記者が岡嶋を名指しでコンペに癒着があることを糾弾し、コンペは辞退、岡嶋は入院します。

青瀬は岡嶋を見舞った際に、岡嶋から自分の愛息子は、実は妻と他の男性との子供であり、血は繋がっていなくても共に過ごした時間が家族として大切だと聞きます。

その夜、岡嶋は病室から転落自殺し死亡します。

後からわかったことですが、コンペの癒着はなく、ミュージアム建設を巡る政治の対決に巻き込まれただけでした。

病室に残された岡嶋が描いたミュージアム建設の草案図を見た青瀬は、岡嶋の決意を感じ、岡嶋の妻子に岡嶋の生き様を伝えます。

そして、岡嶋のコンペ案を競合他社に譲り、岡嶋の名が残るようにします。

話は変わり、吉野夫婦から青瀬に長い手紙が届きます。

音信不通にしていたことを詫び、真実を手紙で伝えてきたのです。

吉野夫婦は本当は兄妹だったこと、幼い頃に吉野兄妹の父イサクが九官鳥を捕まえて、それが青瀬の父の鳥で、青瀬の父が九官鳥を連れて帰ったのだが、イサクはその九官鳥が欲しいと揉み合いになり、青瀬の父が転落死してしまったことが綴られていました。

吉野イサクは長年そのことを悔み、死の間際に吉野兄妹に青瀬家にお詫びをするように言い残しました。

吉野兄妹は悩んだ末に、青瀬の妻ゆかりに連絡を取り、青瀬にお詫びとしてY邸を譲りたいと考え、Y邸の建築依頼をしたのでした。

吉野兄といた背の高い女性は、青瀬の妻ゆかりだったのです。

吉野兄妹は青瀬を騙したことを詫び、Y邸を青瀬に譲ります。青瀬は父への感謝や自分の理想の詰まった家を胸に、また家族と再出発することを決意します。

この『ノースライト』は、警察小説の第一人者、横山秀夫さんの作品ですが、警察も刑事も殺人も出てこない、家族とは何かを考える感動的な建築ミステリーです。




ドラマとの違い 

現在まだ違いについて調査中ですが、今言える違いは、

原作ではノースライトの家は青瀬に譲ることになっていましたが、ドラマではローンを組んで青瀬が購入することになっていましたね。

でも、実際、3000万もする家をタダでもらうのも躊躇われますよね。後で問題になることもあり得ますし。

(ま、これはドラマなので全然ありなんですが)笑

でも、吉野兄妹も大金持ちなわけではないので、青瀬の人の良さがとても際立って、素敵な変更だったと個人的には思います。

また違いがあったら更新していきますね。

ドラマ見逃した方はこちら無料です。

年末年始のドラマ・映画・漫画・雑誌見放題にオススメ♪

↓↓↓↓

小説とドラマどっちが面白い?!

小説とドラマの違いについては、放送を待っての調査でお待たせして申し訳ありません。

小説とドラマどちらが面白いのか、個人的な意見をいえば、まだ少し小説が優っております。

それは、細かい登場人物の心情を言葉で読む事ができることは小説の良さだからです。

ただ、今回の西島さんや宮沢りえさん、北村一輝さんなどの役者さんの演技が素晴らしく、登場人物の心情もとてもリアルに伝わります。

また実際のノースライトの家を作る徹底さ。

ブルーノタウトゆかりの地を巡るドラマ内容に、ドラマに見入ってしまいました。

ノースライトの家は後半にかけて素晴らしさが増すと言って良いので、後編でどのように原作を超えてくるか楽しみです。

まとめ

それでは、今回は、

(ドラマ放送を待ってからの更新にはなりますが)

ドラマ「ノースライト」の小説とドラマの違いをご紹介して行く予定です。

私も小説を読むのが好きなので、小説を読んだ後に、ドラマ化などを見ると、簡略化された部分などにとても残念な気持ちになることがあります。

今回のノースライトは、そのような気持ちにならない、原作ファンも納得するドラマであって欲しいなと個人的には思っております。

それでは、また放送を待って更新していきます。お楽しみに!

ノースライト|ロケ地(撮影場所)はどこ?軽井沢に実際に建てた家を調査!

ノースライト再放送日は?前編「消えた家」見逃した方はこちら!

ノースライト|ドラマのネタバレとあらすじ!家族や建築した家はどうなる?

ブルーノタウトの椅子がノースライトの鍵を握る!建築物や家具・書籍を紹介

ABOUT ME
ちは
趣味は旅行・海外ドラマ鑑賞・読書・手帳をかくこと⭐️2児育児中のママです⭐️興味あることどんどん記事書いていきます!最後まで読んでいただけたら嬉しいです!